竹内太一(土佐料理司社長)出身高校/大学や経歴は?年収や結婚についても調査

こんにちは~^^モーリーママです!

2019年6月6日(木)22:00~放送の

カンブリア宮殿に 土佐料理の名づけ親として、

土佐料理司 竹内太一社長が出演されます。

 

最近は郷土料理がブームのようで、

竹内太一社長が経営する土佐料理のお店も

都内に店舗を展開されております。

高知といえば、カツオのたたきがまず思い浮かびますよね!

あとはうつぼ料理や四万十川の川エビなどなど。

太平洋に面している県なので、お魚料理が美味しいのは間違いないです!

 

今回は、土佐料理司3代目社長の

竹内太一社長について詳しく調べてみることにしました^^

スポンサードリンク

竹内太一社長 プロフィール

出典:https://www.katsuo.co.jp/message

・株式会社 加寿翁コーポレーション代表取締役社長

・1953年8月18日 (66歳)

・高知県高知市出身

・明治大学卒業

・兄弟は姉・妹

出身高校については調べましたが情報がありませんでした。

小・中・高校は高知市内の学校に通われていたということなので、

市内の進学校の高校に通われていた可能性が高いですね!

大学は一浪して、進学と同時に家族で東京へ移住されております。

 

竹内社長、小中学生のときになりたかったのは新聞記者、高校に入ってからは商社マン。

大学卒業するまでは外資系の会社に就職するつもりだったようで、

3代目を継ぐ意志は当時なかったようです。

しかし、大学卒業を目前に、

父親が経営する店舗の人手不足を理由に家業を継いで欲しいと強く頼まれ、

外食には興味もあったので、

内定した企業をあっさり断り、現在の会社に入社されてそうです。

入社=いずれは社長、ということですから

入社と同時に父親の会社を継ぐという決意をされたのだと思います!

 

ご結婚されているかどうかについて調べてみたのですが

情報はありませんでした。

ただ、経営者となると、多忙で自身だけでは家事や食事の準備は大変だと思うので

健康管理など生活面のサポートをしてくれている

奥様がいらっしゃるかもしれませんね^^

スポンサードリンク

竹内太一社長 経歴

竹内太一社長の経歴について調べてみました。

大学卒業後、株式会社 加寿翁コーポレーションに入社

1996年  3代目社長に就任

1995年 「鰹のたたき」の宅配事業を開始

1997年 「ゆずぽん酢」を商品化

土佐料理店「祢保希」、「司」、黒潮料理「酔鯨亭」を運営する一方で、

一般社団法人『海の幸を未来に残す会』の代表理事としても活動中。

竹内社長は、

「百の店舗を出す店より、百年続く店でありたい」という考えをお持ちで

チェーンレストランとは違い、

急速な拡大よりも企業の永続性に重きをおかれております。

社長就任後は、いくつか店閉じをされましたが

その結果、100年愛される店が今も存続出来ているのだと思います^^

 

現在経営している店舗

 

・土佐料理 司

高知本店、高知空港店

阪急グランドビル店

梅田茶屋町店

 

・土佐料理 祢保希(ねぼけ)

赤坂店、新宿店、銀座店

日本橋店、丸の内店

竹内社長が経営する土佐料理が食べれる店舗は

東京・高知・大阪のみですが、

ネット通販で「土佐料理司」のカツオのたたきが

購入できます~♪

竹内太一社長 年収について

竹内社長の年収はいくら程になるのでしょうか。

土佐料理”司”は上場企業ではありませんので

役員報酬などは公表されていませんでした。

なので、年収については推定したいと思います^^

会社概要として開示されているのは、

・資本金3,000万円

・従業員数330名(契約パート含む)

・正社員数110名

・店舗 12店

推測1000万円~3000万円くらいの年収ではないかと思われます。

まとめ

いかがでしたか?

次回のカンブリア宮殿では、

竹内社長が、様々な企業と提携し地域の活性化に奔走し、

地方の生き残り策にヒントをくれる、サバイバル経営術に迫ります!

100年続く店であるために、どんな経営戦略がなされているのか・・・

放送を楽しみに待ちたいと思います^^

最後までお読みいただきありがとうございます^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です